丹波蕎麦処 そばんち

先日、丹波の方のドッグラン付きのキャンプ上へ、一泊で行ってきました。

二日目、キャンプ場を後にした私達は、お昼ごはんも兼ねて丹波のお蕎麦屋さんへ行ってきました。

場所は、舞鶴若狭道、春日ICを降りて車で10分程度、県道138号沿いにあります。

ペット同伴可の珍しいお蕎麦屋さん

旅先でいつも困るのは、愛犬と一緒に行ける所がまだまだ少ないということですよね。
おそらくペット、特に犬を飼われている方の共通の悩みだとは思うのですが・・

で、このお店「丹波蕎麦処 そばんち」さんは、珍しく、ペット同伴が可能です。
というのも、ペット同伴の客用に、土間になったお部屋を用意してくれています。柱にリードを繋ぐためのフックがあるので、そこに繋いでおくことができます。

平日のお昼ランチを頂く

折しも平日の昼過ぎ、もう閉店していないか、と心配だったのですが、開いていました。
しかも嬉しいことにランチメニューがあります。
普段は日曜祝日しかこういったお蕎麦屋さんには来れないんで、ちょっと得した気分。

私は、蕎麦雑炊の付いたCセット(1,300円)、家族は出汁巻き卵の付いたBセット(1,200円)。
お蕎麦は、二八蕎麦にしました。

メニューには他にも数量限定の十割蕎麦や、このお店の代表的なお蕎麦、三色辛味大根蕎麦などがあります。

二八蕎麦と蕎麦雑炊のセット

やや期待はずれか

待つこと10分弱、平皿にもられた盛りそばと、出汁巻き、蕎麦雑炊が運ばれてきます。
それと蕎麦つゆ。
・・ってあれ? 薬味がないや、と思ったので店員さんに「薬味は?」と聞いた所、
「うちは薬味はありません」とキッパリと言われました。

なかなか高尚な蕎麦を食わせる店なのかな?
と思いつつ、お蕎麦をひとつまみ。

少し太めのお蕎麦は、腰がかなり強い。
汁は私好みの、ほんのりみりんの効いた汁が、蕎麦猪口にほんとにちょこっと入っている。
これもまた、意識の高い蕎麦屋だなぁ。。などと思いつつそばをすする。

うーん、腰は強いけど蕎麦がちょっと太めなのと、蕎麦の水分が少ないせいか、ややボソボソとした感じ。
閉店前だからこうなのか、いつもこうなのかは良くはわかりませんが、ちょっとすするのに力(肺活量?)を要しました。
決して美味しくない訳ではないのですが、薬味なし、蕎麦汁もちょろりとした、ちょっと高尚な、意識の高い感じを漂わせていたので、少し肩透かしを食らわされた感じかな?

蕎麦雑炊は他に比べるようなものを食べたことがないので、評価のしようがないのですが、こんなものかな? という感じ。
こちらは、薄味の出汁にそばの実と、鴨のたたき(?)が入っていて、粉山椒や、ハバネロソースを掛けて食べる、とのことでした。
たしか、徳島でも蕎麦雑炊を見かけたことがあったんですが、あちらの名物料理的なものなんでしょうか?
・・よくわかりません。すみません。。

出汁巻き卵は、よくあるお蕎麦屋さんの出汁がジューシーに滴るようなタイプのものではありませんでした。
もっと出汁が聞いててもいいとは思うのですが、このへんは個人の感覚の差でしょうか・・

最後の蕎麦湯はたっぷりと出てきました。
やはり蕎麦湯は身体が温まりますね。
子供が、美味しいね、って言ってたのですが、
思わず、「もっと美味しい蕎麦湯知ってるよ」
と言ってしまいました^_^;

食べログでも、3.5っていう点数だったのでちょっと期待しすぎたのかもしれませんが、また別の日にも来て食べてみたほうがいいのかもしれませんね?

ペットと入れる唯一の蕎麦屋さん

いずれにしても、私の知る限りでは北摂・丹波の数あるお蕎麦屋さんの中でも、ペット同伴で入れるのはこのお店だけだと思います。
それだけでも十分貴重ですよね。

立地が、私のよく行く篠山や三田からはもう少し離れた場所になるので、なんとか長く続けていってほしいものだと思います。
それと、こちら丹波市周辺には他にもお蕎麦屋さんがあるとのことなので、またじっくり味比べしたみたいと思います。