RubyとRuby on RailsをRbenvでインストール(システムワイド編)

rbenvをユーザーの環境にインストールするといろいろ便利なのはわかったのですが、目的はredmineをインストールすることなので、システムワイドでインストールできないかどうか検証してみました。

ゴール

  • サーバ:Ubuntu Server 18.04 LTS
  • Rbenvを使用して、Ruby 2.6.1、Rails 5.2.2を導入する
  • その後、Redmine4.0.1を入れる
  • インストール先は/usr/local/rbenv以下

rbenvと依存関係のインストール

パッケージリストの更新

rbenvをインストールするのに必要とされるパッケージをインストール

GitHubからrbenvを/usr/local/rbenvにクローン

rbenvを一般ユーザでも使用できるように/usr/local/rbenv以下を、chgrpコマンドでstaffグループに、chmodコマンドでグループに書込権限を与えます。また、ユーザーをstaffグループに追加します。

ログイン時にrbenvを利用できるように/etc/profile.d/rbenv.shに、以下のスクリプトを追加。

一度端末を開き直すか、source /etc/profile等する

rbenvが正しくセットアップ出来たか確認するために、typeコマンドを使用します。以下のような表示が出ればセットアップは正常に終わっています。

ruby-buildでRubyをインストール

ruby-buildプラグインをGitHubからインストール。

先と同じように、パーミッションを変更しておきます。

ruby 2.6.1をインストール。sudo -iで、現在の環境変数を引き継ぎます(sudo rbenv ..だと、$PATHが通ってないのでrbenvを発見できない)。

2.6.1をデフォルトに設定

bundlerをインストール

gemコマンドを使って、bundlerをインストールします。

Railsのインストール

さらに、gemを使ってrailsをインストールします。

ユーザー環境からrailsのバージョンを確認。

結果

これでrbenvで、最低限の環境が整いました。
あとは、redmineをインストールしてみるだけです。