Ubuntu 20.04 LTS に Java をインストールする手順の即席の覚書になります。

 

 

実行環境

今回の記事の実行環境は、以下で確認しています。

  • Ubuntu 20.04 LTS Server Edition

 

Java (OpenJDK) のインストール

インストール可能な OpenJDK は次のようにして検索します。

apt search openjdk

 

確認ができたら、必要なバージョンの Java をインストールします。

また、複数のバージョンの Java をインストールすることが出来ます。

OpenJDK 8 の場合

sudo apt install openjdk-8-jdk

 

OpenJDK 11 の場合

sudo apt install openjdk-11-jdk

 

あるいは、特にバージョンを気にせずに一番 ホット な Java のバージョンを使いたい場合は、次のようにすることで、既定のバージョンの JDK をインストールすることが出来ます。

sudo apt install default-jdk

 

Java のバージョンの確認

バージョンの確認は次のようにします。

$ java -version
openjdk version "11.0.10" 2021-01-19
OpenJDK Runtime Environment (build 11.0.10+9-Ubuntu-0ubuntu1.20.04)
OpenJDK 64-Bit Server VM (build 11.0.10+9-Ubuntu-0ubuntu1.20.04, mixed mode, sharing)

 

Java のバージョンを切り替える

複数のバージョンの Java をインストールしている時、update-alternatives コマンドを使用してバージョンを切り替えることが出来ます。

以下は、Java コンパイラのバージョンを切り替えるコマンドと、その際の表示です。

sudo update-alternatives --config javac
There are 2 choices for the alternative javac (providing /usr/bin/javac).

  Selection    Path                                          Priority   Status
------------------------------------------------------------
* 0            /usr/lib/jvm/java-11-openjdk-amd64/bin/javac   1111      auto mode
  1            /usr/lib/jvm/java-11-openjdk-amd64/bin/javac   1111      manual mode
  2            /usr/lib/jvm/java-8-oracle/bin/javac           1081      manual mode

Press <enter> to keep the current choice[*], or type selection number:

 

次に、Java 実行ファイルのバージョンの切り替えです。

sudo update-alternatives --config java
There are 3 choices for the alternative java (providing /usr/bin/java).

  Selection    Path                                            Priority   Status
------------------------------------------------------------
* 0            /usr/lib/jvm/java-11-openjdk-amd64/bin/java      1111      auto mode
  1            /usr/lib/jvm/java-11-openjdk-amd64/bin/java      1111      manual mode
  2            /usr/lib/jvm/java-8-openjdk-amd64/jre/bin/java   1081      manual mode
  3            /usr/lib/jvm/java-8-oracle/jre/bin/java          1081      manual mode

Press <enter> to keep the current choice[*], or type selection number:

 

JAVA_HOME を設定する

~/.bashrc に次を追加します。

export JAVA_HOME=$(readlink -f /usr/bin/javac | sed "s:/bin/javac::")
export PATT=$PATH:$JAVA_HOME/bin

 

まとめ

Java のインストールおよび、設定にいちいち検索するのが面倒なので、ここにまとめておきたいと思います。


 

 
Share this...

zaturendo

中小企業社内SE。

0件のコメント

コメントを残す

Avatar placeholder

メールアドレスが公開されることはありません。