Ubuntu で sudo1 するときに、やってくるあいつ。

file

 

 

彼には悪気があるわけではない。

それは、分かっている。

でも、やはり面倒なんだよ。

というわけで、

 

Ubutu でパスワードなしで sudo する方法

visudo

visudo

sudo で、パスワードを要求させないように調教するには、次のようにコマンドを打つべし。

sudo visudo

 

これで、標準エディタ2/etc/sudoers ファイルを編集できるようになるのだ。

/etc/sudoers ファイルは、編集内容にエラーがあるとエライことになるので、visudo コマンドでラップされてるんだ。

こいつは、sudoers ファイルの内容にエラーがあった場合、その部分をどうするのか、要するに修正するのか、内容を変更せずに保存するのか、を確認してくれる優れものなんだ。

ではここで、次のように内容を書き換えてみよう。

# %sudo   ALL=(ALL:ALL) ALL この部分を下のように書き換える
%sudo   ALL=(ALL:ALL) NOPASSWD:ALL

 

そうすると、このファイルを保存した直後から、あれほど悩まされていた sudo でのパスワード確認はなくなってしまうんだ。

 

visudo で書き間違えた!

visudo は、sudoer ファイルの文法をチェックしてくれる、とさっき書いたんだが、もしファイルにエラーがある場合は、次のようにプロンプトされるんだ。

>>> /etc/sudoers: syntax error near line 26 <<<
What now?

 

だからその時は、What now? のあとに、e と入力して、エラーを修正するか、x として、変更を保存せずに終了させるようにすべきだ。

くれぐれも Q などとして、修正せずに保存する、なんてことはしないことだ。たとえ興味本位であったとしても・・。

また、あるいは文法チェック上エラーにはならずに Warning: になるときもある。その場合は、Warning: の内容を表示して 保存されて しまうんだ。

その場合は、下手すると 永遠に sudo できない状況 に陥ってしまう。つまり、あなたは

Sudoer 難民 になってしまうのだ。

どうだ、想像するだに 恐ろしい だろう。

なので、心配な場合は、

sudo visudo -s

として、strict(厳密な)モードvisudo を起動させるほうがいい。

先に言えって話だね。わかるよその気持ち。

 

sudo 出来なくなった!!

さっき、エラーやワーニングが残ったまま visudo を終了させると、永遠に sudo できない状況 になる、と書いたが、

実はあれは

そんな事になったら、世界中に sudoer 難民であふれるはずだ。

回避策としては、ネイティブな Ubuntu 環境を使っている場合などであれば、

  • リカバリーモードで起動し、修正する

しかない。

リカバリーモードで起動する方法はそれほど難しくない。ググれば色々出てくる。

Ubuntu の場合は、GRUB メニューを表示させて、Advanced Option からリカバリーモードで起動し、その後に表示されるメニューで root: Drop to root shell prompt で入れる。

もし、WSLsudoers 難民になってしまった場合、コマンドプロンプトから

ubuntu2004 config --default-user root

 

とすることで、最初から root ユーザーでログインできる。そこで、visudo を使って過去の過ちを正したらいい。

GRUB メニューが表示されない場合・・

その場合は、技術評論社さんのページ でも見てくれ。

諸君の検討を祈る。

 

(内容的に文字数足りないと思ったので、少し文体を変えて文字数を稼ぎました。あしからず・・。)

 


  1. スードゥー、と発音するが、私は「須藤」と呼びます。 

  2. update-alternatives --config editor で変更できますよ。 


 

 

zaturendo

中小企業社内SE。

0件のコメント

コメントを残す

アバタープレースホルダー

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です