Windows 10 を展開用イメージを作成する際の覚書になります。

 

 

はじめに

以前、Windows 7 Pro の展開用イメージ作成手順の覚書 という記事を書きましたが、この文書はそれの Windows 10 版になります。

実は、この文書自体は上の記事と同時期に書き始めていたのですが、なんやかんやと 1年が経ってしまいました。

当初は、Windows ADK for Windows 10 Version 1803 を用いての作業をしていたので、多くの参考画像が当時のままですが、実際には Windows ADK for Windows 10 Version 1903 を用いて作業しているので、そのあたりご了承願いたいと思います。

 

必要要件

この文書を作成、また実施する上での必要要件は以下のようになります。

  • Windows 10 のインストールメディア: ここでは、ボリュームライセンス版のインストールメディアを使用します。
    → ( Windows Pro 10 1903.1 64Bit 版 )
  • テクニシャンコンピュータ: 展開用の環境を整える PC の事です。
    → ここでは単に 「作業用 PC」とか、「作業用マシン」と呼びます。
    • 作業用マシンは、ここでは Windows 10 Pro 64ビット版を使用しています。
    • 作業用マシンには、あらかじめ VirtualBox がインストールされているものとします ( VirtualBox 6.1.4 )。
  • 参照用コンピュータ:展開用イメージの元となるコンピュータ。
    → ここでは、「参照用 PC」とか、「参照用マシン」と呼びます。
    • 参照用マシンは、作業用マシンにインストールされている VirtualBox 上で作成します。仮想マシンです。

 

ゴール

  • 展開用の Windows 10 Pro の プレインストール用メディア (ISO ファイル) を作成する。
  • ターゲットとなる OS は、Windows 10 Pro 64ビット版。
  • あらかじめ、ブラウザとして Firefox、Thunderbird をプレインストールした状態にする。
  • 管理用のアカウントを自動で1つ登録する。

 

全体の流れ

Windows 10 の展開用イメージを作成する流れは、全体的に以下のようになります。

  • STEP1: 展開環境の準備1 ← 今回はここ
    • ADKのインストール
    • Windows PEメディアの作成
    • WSIM 1903 更新プログラムを適用する
  • SETP2: 展開環境の準備2
    • 応答ファイルの作成
  • STEP3: 参照コンピュータの作成
    • Windows10のインストール
    • Windows Update の実行
    • デスクトプアプリケーションのインストール
    • デフォルトユーザープロファイルのカスタマイズ
    • Sysprep による一般化
  • STEP4: 標準イメージの作成
    • DISM コマンドを使用した標準イメージの作成
    • OSCDIMG コマンドを使用したISOイメージの作成

 

Windows ADKのインストール

作業用マシンに、展開用の環境を整えます。

まずは、Windows ADK1 for Windows 10 をインストールします。

ダウンロードは、「 Windows ADK のダウンロードとインストール 」 のサイトから取得して得たインストーラを実行します。

以下、インストールの手順です。

場所の指定 → "このコンピュータに" のまま [次へ]

Windows ADK のインストール:場所の指定

Windows ADK のインストール:場所の指定

 

Windows キット プライバシー → [次へ]

Windows ADK のインストール:Windows キット プライバシー

Windows ADK のインストール:Windows キット プライバシー

 

使用許諾契約 → 内容を確認し、[同意する]

Windows ADK のインストール:使用許諾契約

Windows ADK のインストール:使用許諾契約

 

インストールを行う機能2 → [次へ]

Windows ADK のインストール:インストールを行う機能

Windows ADK のインストール:インストールを行う機能

 

インストールが開始されるので、しばらく待ちます。

インストールが終了したら、インストーラを閉じます。

Windows ADK のインストール:インストールの完了

Windows ADK のインストール:インストールの完了

 

ADK用の Windows PE のインストール

Windows PE3 とは、Windows のイメージ展開のための軽量版 Windows です。ここでは、作成した参照マシンのイメージをキャプチャしたり展開するために使用します。

ダウンロードは、上記同様「 Windows ADK のダウンロードとインストール 」から、「ADK 用の Windows PE アドオンのダウンロード」のリンクをクリックします。

以下、インストールの手順です。

Specify Location → "このコンピュータに" のまま [Next]

Windows PE のインストール: Specify Location

Windows PE のインストール: Specify Location

 

Windows Kits Privacy → [Next]

Windows PE のインストール:Windows Kits Privacy

Windows PE のインストール:Windows Kits Privacy

 

License Agreement → 内容を確認し、[Accept]

Windows PE のインストール:License Agreement

Windows PE のインストール:License Agreement

 

Select the features you want to install → [次へ]

Windows PE のインストール:Select the features you want to install

Windows PE のインストール:Select the features you want to install

インストールが完了したら、インストーラを閉じます。

 

Windows PE のインストール:インストールの完了

Windows PE のインストール:インストールの完了

 

Windows PE メディアの作成

WIndows PE のファイルをコピーします。

[スタード] → [Windows Kits] → [展開およびイメージング ツール環境] を管理者で起動します。4

Windows PE メディアの作成:展開およびイメージング ツール環境 の起動

Windows PE メディアの作成:展開およびイメージング ツール環境 の起動

コマンドプロンプトが開くので、WinPEのコピーを C:\winpe_amd64 以下にコピーする。

COPYPE amd64 C:\winpe_amd64

32ビット環境のWindows PE を作成する場合は、次のようにする。

COPYPE x86 C:\winpe_x86

 

Windows PE ISOイメージの作成

続けてコマンドプロンプトで次のようにする。

MakeWinPEMedia /ISO C:\winpe_amd64 C:\winpe_amd64\winpe.iso

32ビット環境用には、/ry

MakeWinPEMedia /ISO C:\winpe_x86 C:\winpe_x86\winpe.iso

 

WSIM 1903 更新プログラムを適用する

64ビット版の Windows で ADK の Windows システムイメージマネージャー (SIM) を使用するとエラーが発生することがあるので、その修正プログラムを適用させます。

Windows システムイメージマネージャーの既知の問題

Windows システムイメージマネージャーの既知の問題

ここ から、「Windows システム イメージ マネージャー (WSIM) 1903 更新プログラムのダウンロード」 をクリックして、「WSIM1903.zip」をダウンロードします。

zip ファイルを展開すると、以下のようなファイルが入っているのがわかります。

> dir

    ディレクトリ: C:\WSIM1903

Mode                LastWriteTime         Length Name
----                -------------         ------ ----
-a----       2019/05/17     18:28          21304 ImageCat.exe
-a----       2019/05/17     18:28         538424 ImgMgr.exe
-a----       2019/05/18      6:16           2008 ReadMe.txt
-a----       2019/06/13      3:10           1670 UpdateWSIM.bat

Windows ADK インストール時に、インストール先を標準のままにしている場合は、単純に管理者で開いたコマンドプロンプトか PowerShell で展開先のディレクトリに移動して、

> UpdateWSIM.bat

を実行するだけです。

> .\UpdateWSIM.bat
.\ImageCat.exe
1 個のファイルをコピーしました
.\ImgMgr.exe
1 個のファイルをコピーしました

このように表示されれば OK です。

もしも標準外の場所に Windows ADK をインストールしている場合は、手動でファイルをコピーする必要があります。詳細は ReadMe.txt を・・と言いたいところですが、単順にインストール先が %Windows Kits% とすると、

xcopy /Y imagecat.exe "%Windows Kits%\10\Assessment and Deployment Kit\Deployment Tools\WSIM\imagecat.exe"
xcopy /Y imgmgr.exe "%Windows Kits%\10\Assessment and Deployment Kit\Deployment Tools\WSIM\imgmgr.exe"

とするだけで OK です。

 

そして旅は続きます

まだもう少し、作業用マシン上での作業があります。

次回は、「無人応答ファイル」の作成について述べたいと思います。

 

 


  1. Windows Assessment and Deployment Kit 

  2. 通常はデフォルトのまま。最低限必要なのは、「Deployment Tools」、「イメージ及び構成デザイナー (ICD) 」、「構成デザイナー」、「User State Migration Tool (USMT)」。 

  3. Windows Preinstallation Environment (Windows プレインストール環境) 

  4. [展開およびイメージング ツール環境] を右クリックし、[その他] → ['管理者で開く'] をクリック。 


 
記事を共有する
カテゴリー: Windows

zaturendo

中小企業社内SE。

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。