Linuxコマンドの覚書(自分用)です。

find コマンドの結果を ls -al の表示形式で表示したい場合、

$ find . -type -f -name "*.xls" -printf "%M %TD %TR %p \n"
-rwxr--r-- 05/23/13 13:51 ./app/SO.xls
-rwxr--r-- 03/09/13 17:23 ./app/SOTOOL.xls
-rwxr--r-- 09/11/15 09:04 ./app/SOTOOL2.xls
-rwxr--r-- 08/22/15 10:07 ./app/SOTOOL3.xls

書式コマンドの例

記号 意味
\n 改行
\t 水平タブ
\\ バックスラッシュ文字そのもの
\8進数 ASCIIコードを指定
%p ファイル名(フルパス)
%P ファイル名(相対パス)
%f ファイル名
%h ディレクトリ名(フルパス)
%H ディレクトリ名(相対パス)
%l シンボリックリンクの参照先
%m ファイルの許可属性ビット(8進数表示、0入で表示したい場合は%#m
%M ファイルの許可属性ビット(ls -l と同じ表記)
%y ファイルのタイプ(ls -l と同じ表記)
%Y ファイルのタイプ(ls -l と同じ表記だがシンボリックリンクをたどる)
%n ファイルのハードリンク数
%i inode番号
%u ファイルの所有者名
%U ファイルのユーザーID
%g グループ名
%G グループID
%t 更新日時
%TD 更新日(mm/dd/yy)
%TR 更新時間(HH:mm:ss)
%a 最終アクセス日時
%AD 最終アクセス日(mm/dd/yy)
%AR 最終アクセス時間(HH:mm:ss)
%c 最終ステータス変更日時
%CD 最終ステータス変更日(mm/dd/yy)
%CR 最終ステータス変更時間(HH:mm:ss)
%s ファイルサイズ(バイト数)
%b ファイルが消費しているブロック数(512B単位)
%k ファイルが消費しているブロック数(1KB単位)
%d ディレクトリツリー中の深さ
%D ファイルが度のデバイスにあるか(10進数表示)
%F ファイルが置かれているファイルシステムのタイプ
カテゴリー: Linuxコマンド

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。