Unity 以降、Ubuntu ではデスクトップの向かって左側にドック (Unity 時代はダッシュだったかな?) があります。

このドックの配置やサイズを変更する方法をまとめてみました。

 

 

Ubuntu のドックは、デフォルトではデスクトップの左端に張り付いていますが、これって結構邪魔ですよね?

Ubuntu の設定からはこのドックのアイコンサイズと、左右と下のどちらの方向に配置するかを設定することができますが、ここではもう少し掘り下げて設定する方法について書きたいと思います。

 

Ubuntu ドックの位置を Mac OS 風の配置に

Ubuntu のドックを Mac OS X 風に配置してみる

Ubuntu のドックを Mac OS X 風に配置してみる

上の画像のように、ドックを左から下に変更し、その幅も小さくしてみたいと思います。

また、その際、アプリケーションボタンの配置を右から左に、さらにゴミ箱を表示させるようにします。

なお、この設定の検証は、

  • Ubuntu 19.10

にて確認しています。おそらく、Ubuntu 18.04 以降であれば同じように設定することが可能だと思われます。

 

Ubuntu の設定を開く

アプリケーションボタンをクリックして、アプリケーションドロワーを開いて、「設定」 を探しクリックします。

Ubuntu: 設定

Ubuntu: 設定

 

次に 「 Dock 」 をクリックして、「表示位置」「下」 を選択します。

Ubuntu: Dock の設定

Ubuntu: Dock の設定

 

他にも、「Dock を自動的に隠す」 を有効にすると、デスクトップに Window 開いたときに、邪魔にならないように Dock を隠すようにすることができます。

また、「アイコンサイズ」 のサイズを変更すると、Dock の幅 (下に Dock を設置した場合は高さ) がそれに合わせて変更されます。

Ubuntu: Dock を下に配置したところ

Ubuntu: Dock を下に配置したところ

 

Dock をさらにカスタマイズする

 

Dock の長さを変更する

端末 を起動して、次のコマンドを実行します。

gsettings set org.gnome.shell.extensions.dash-to-dock extend-height false

 

コマンドを実行すると、次のように Dock の幅 (左右に Dock を設置している場合は、高さ) が短くなります。

Ubuntu: Dock の長さを変える

Ubuntu: Dock の長さを変える

 

アプリケーションボタンを左端 (上端) に配置する

この段階で、Dock の右端 (左右に Dock を設置している場合は下端) にある「アプリケーションボタン」を左端 (上端) に変更します。

show-apps-at-toptrue にします。

$ gsettings set org.gnome.shell.extensions.dash-to-dock show-apps-at-top true

 

下のようにアプリケーションボタンが左になりました。

Ubuntu: アプリケーションボタンを左端 (上端) に配置

Ubuntu: アプリケーションボタンを左端 (上端) に配置

 

Dock にゴミ箱を追加する

次にゴミ箱を Dock に追加します。

$ gsettings set org.gnome.shell.extensions.dash-to-dock show-trash true

 

show-trashtrue とすることで、Dock にゴミ箱が追加されます。

Ubuntu: Dock にゴミ箱を追加

Ubuntu: Dock にゴミ箱を追加

 

dconf エディタ

ここまでは、端末から実行していますが、GUI で設定を編集することもできます。

 

dconf エディタのインストール

まず、Dock の 「Ubuntu ソフトウェア」 のアイコンをクリックして起動します。

Ubuntu: Ubuntu ソフトウェアを開く

Ubuntu: Ubuntu ソフトウェアを開く

 

Ubuntu ソフトウェア の検索ボタンをクリックして、「dconf」と入力すると「dconf エディター」 が出てきます。

Ubuntu: ソフトウェアインストール

Ubuntu: ソフトウェアインストール

 

インストール をクリックして、dconf エディターをインストールします。

Ubuntu: dconf エディターをインストールする

Ubuntu: dconf エディターをインストールする

 

インストールの前に、認証を要求されますので、パスワードを入力します。

Ubuntu: パスワードを入力

Ubuntu: パスワードを入力

 

パスワードを入力後、インストールが開始されます。

 

dconf を使用する

インストールが完了したら、早速 dconf エディターを起動してみましょう。

アプリケーションボタンをクリックし、検索窓に "dconf" と入力すると、「dconf エディター」が出てくるので、それをクリックします。

Ubuntu: dconf エディターを起動する

Ubuntu: dconf エディターを起動する

 

dconf エディターを使用する際の注意に関するダイアログが出るので 注意する をクリックします。

Ubuntu: dconf 起動時の注意ダイアログ

Ubuntu: dconf 起動時の注意を促すダイアログ

 

あとは、エントリーを / org / gnome / shell / extensions / dash-to-dock / とたどって行くと Dock の設定画面の一覧が出てきます。

Ubuntu: dconf エディター

Ubuntu: dconf エディター

 

設定の一覧を見ると、先にコマンドを実行して変更した設定が反映されていると思います。また、それ以外にも数多くの設定項目があるのがわかると思います。

このように、端末と dconf エディターの2つの方法で設定を変更することができます。

 

まとめ

デスクトップの左端に大きく鎮座していた Dock が、Mac OS X らしくデスクトップ下部に表示させることができました。

その他にも、アイコンサイズを小さくしたり、自動的に Dock を隠すようにするなど、使っている環境に合わせてカスタマイズするのも良いかもしれません。


 
記事を共有する
カテゴリー: Linuxubuntu

zaturendo

中小企業社内SE。

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。