Apacheのアクセス解析のために、Awstatsをインストールします。

前提条件

インストール

パッケージからインストールします。

設定

設定ファイルを雛形からコピーします。コピー先のファイル名はawstats.ドメイン名.confとなります。
次の例は、ドメイン名がexample.comの場合です。

変更箇所は以下の通り。
SkipHostsには集計に含めたくないホストを

また、Cronで統計データを更新するときに、オリジナルのファイルをそのままにしておくとエラーを吐いてくるので、ファイル名を変更しておきます。

統計データの作成をテスト

次ののコマンドを実行します。

実行後は以下のようなレスポンスがあればOK

Apache2.4でAwstatsを設定

mod_cgidを有効にする。

awstats.confを作成

実際に動いた(笑)設定は以下の通り。オープンにするのは気持ちが悪いので、Digest認証するようにしています。

サイトを有効にします。

ダイジェスト認証の設定

以下のコマンドで、ダイジェスト認証用のユーザーとパスワードを設定する。

パスワードを2回問われるので入力すれば、OK。

動作の確認

設定に間違いがないか確認。

あとは、サービスを再起動して、Awstatのページを確認する。

ブラウザから、次のURLに接続してみる。

https://www.example.com/awstats?awstats.pl?config=example.com

ダイジェスト認証のダイアログDigest Authが開いて、ユーザー名、パスワードを入力して統計画面が出ればOK。

Cronの設定

/etc/cron.d/awstatsに、次のように設定されているので、そのまま利用します。

パーミッションの変更

ここで、実行ユーザーがwww-dataになっているのに注意。このままだと、Cronで実行される度にroot宛にログファイルが読み込めない等のエラーが発生している、という内容のメールが10分毎(!)に飛んでくるので、関連するファイルのパーミッションを変更する。

実行ユーザーをrootにすればいいと思うのですが、ここはわざわざwww-dataを実行ユーザとした意図(?)を汲み取ることにします。

また、apache2のログローテートも修正します。

次の箇所を修正する。


0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です