さくらVPSでサーバに Ubuntu 18.04 LTS をインストールする手順を控えておきます1

条件としては、キーボードレイアウトは日本語にしていますが、OSの言語設定そのものはデフォルトのまま (英語) にしています。日本語化するためには、インストール後別途設定しないといけませんが、特に不都合なければデフォルトのままで大丈夫です。

さくらのVPSコントロールパネル

さくらVPSにサインインして、VPSコントロールパネルを開きます。

  • [各種設定] → [OSインストール] を選択

  • OSインストール形式の選択: [カスタムOS] をクリック

  • インストールOS: [Ubuntu 18.04 amd64] を選択し、[設定内容を確認する] をクリック

  • 確認 – カスタムOSインストール: [インストールを実行する]

  • 「カスタムインストールを開始しました…」と出るので: [VNCコンソールを起動]をクリック

VNC コンソールでの作業

VNSコンソールのウィンドウが開くので、引き続きVNCからインストールの作業を行います。ここからは、キーボード操作になります。
上下カーソルキーで、選択リストの移動、Tabキーでそれぞれの項目間の移動、Enterキーで決定します。なお、選択されている項目は色が反転表示されます。

  • Installer boot menu: [Install] を選択して、[Enter]

キーボードの設定

  • Country of origin for the keyboard: [Japanese] を選択して、[Enter]

  • keyboard layout: [Japanese] を選択して、[Enter]

ユーザーとパスワードの設定

  • Full name for the new user: ユーザー名を入力2し、[Enter]

  • Username for your account: ユーザー名を入力し、[Enter]

  • Choose a password for the new user: パスワードを入力し、[Enter]

  • Re-enter password to verify: パスワードを再度入力し、[Enter]

ディスクパーティションの設定

将来的に拡張したりする必要がないので、Guided – use entire disk: にしたという条件で話を進めます。
このオプションでは、ディスク全体を/でマウントし、物理メモリと同容量のswap領域がさくせいされます。

  • Partitioning method: [Guided - use entire disk] を選択し、[Enter]

  • Select disk to partition: 選択肢は一つだけなので、そのまま[Enter]

  • Write the changes to disks?: [yes]の項目を選択し、[Enter]

インストールが開始されるのでしばらく待つ。

  • Finish the installation: [Continue]を選択し、[Enter]

この後、VNC接続が切断されますので、切断されたらVNCウィンドウを閉じます。

サーバを起動

コントロールパネルで、[起動]ボタンをクリックすると、起動します。
起動後はVNCでサーバに接続することができます。

念の為、上記作業でセットアップされるのは、基本的な部分のインストールだけですので、必要なアプリケーションは別途導入する必要があります。
ちなみに、taskselコマンドで確認したところ、チェックが入っているのはOpenSSH Serverのみです。

関連記事


  1. すでに、さくらVPSを契約しているものとして、話を進めます。 
  2. 本来はフルネーム等(詳しくは GECOS で検索..)を入れますが、ここではユーザー名と同じにしています。 

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です