決して eo光 に不満があったわけではないんです。もちろん、恨みがあったわけでもありません。

でも、NURO 光 に切替えました。

 

 

超低速ブロードバンド フレッツ光ネクスト から eo光 へ

あれは、いまから2年半ほど前・・もともと、NTT西日本の フレッツ光ネクスト ハイスピード隼タイプ を契約していたのですが、これが本当に、クソ重かった・・

いわゆる、プライムタイム と呼ばれる時間帯(およそ19:00~23:00)では、アマゾンプライムビデオも Youtube もブロックノイズ出まくり、ぐるぐるマークで止まりまくり、海外から500M程度のアプリのファイルを落とすのに1時間超 (!) とか、本当にクソ重かったのです。

ネットの速度調査ページで確認すると、ほとんどの場合が 1Mbps を切った状態。

200kbps なんて数字、ADSL 以来、久しぶりに見たよ、っていうくらいに遅い。

ちょうどその頃(2017年7月)、マンションから戸建てに引っ越しすることとなり(ちなみにどちらも賃貸)、引越し先(隣接する市)で フレッツを使ってみて、これまで通り遅ければ1他のに乗り換えよう、と考えていたのです。

乗り換え先の候補は、光コラボ系 2は実質フレッツの回線なので問題外、ということで、結局 eo光 にしました。本命は NURO 光 だったんですが・・

というのも当時は、NURO 光 が関西に進出する前で(関西進出は噂されていたけれども、時期ははっきりとせず)、かと言って、進出するまで待てないほど、インターネットの通信環境が劣悪な環境だったので、eo光 にしたというのが本当のところです。

でも結局その後、2018年に入ると NURO 光 が関西に進出してきたのですが、時、すでに遅しでした・・

 

eo光 から NURO 光 へ

eo光 から NURO 光へ

フレッツ光 から eo光 に変えてからは、インターネット接続環境は劇的に改善されました。

まあ、それまで 「~Kbps」 単位だった回線速度が、突如、100Mbps オーバー、下手すると数百Mbps という速度が出る環境になったので、ある意味当然といえば当然のことなんですが・・

もちろん、ストリーミング映像を湯水のように垂れ流して見たのはいうまでもありません。

だから、NURO 光 に乗り換えたのは eo光 に不満があったわけでないのだ 、ということをここに再度記しておきます。

それに今年に入ってから、eo光 は10G、5G コースを開始しました。魅力的でした。

ただ、もうすでに2年目が終わろうとしていたので、プランを変更しても価格が少し割高になるのと、各レビューを見ていると現状からそんな劇的に早くなるわけでもないみたいなので、様子見していました。

そんなある日、NURO 光 のキャンペーンが輝いていました。

「今契約すると、1年間 月額980円

という広告が・・

eo光 10G 導入は魅力的だし色々ロマンがあって楽しそう・・でも、それを導入するには対応のルーターや、イーサネットハブが必要だしなぁ・・。しかも基本料金も1000円程度上がってしまう・・

だったら、いっそ NURO 光 に乗り換えて、この一年間は 980円で。2年経ったら、再び eo光を再度契約し直せば、初年度の特典で月額料金が下がるのではないか・・

ということで、もちろん私は 飛びつきましたとも・・

情弱。人はそう言うかもしれませんがそれでもいいんです。

 

Nuro 光 に関するある懸念

NURO 光 海外IP問題と知られる案件

キャンペーン期間の申込期限ギリギリに、NURO光に申し込んだのだけれど、その数日後くらいに、ツイッターのタイムラインに気になる情報が入ってきました。

ようするに、So-net は海外で使用されていたIPアドレスを取得して、NURO 光 ユーザーに再割当しているみたいなのですが、その海外で使用されていたIPアドレスの一部が、海外からのアクセスであると判断されて、一部のサービスで接続を拒否されたり、場合によってはアカバンされるような事態がおきているようなんですよね。

このブログでは、知人がその影響を受けてしまっており、So-net のサポートとやり取りして何やら色々と面倒なことになっていってる顛末が書かれています。

 

IPガチャも有効ではない?

まあ、IPアドレスというのは(特に、IPv4 アドレスは)有限の資源なんで、どこかの国で使用されなくなったIPアドレスを So-net 始め、各社国内プロバイダが引き取って使用するっていうのは十分に考えられるので、So-net にクレーム入れるのは全くのお門違いであることは理解できるのですが、気になったのは、IPガチャしても改善されないかもしれない、ということなんですね3

 

悩んだ結果、 NURO 光 移行を決行することに

この海外IP問題については、NURO 光 につきまとってきている問題のようです。

が、しかしそれでもあえて、NURO 光 に切り替えてやろうじゃないか、ということで、予定よりも 1ヶ月 ほど遅れましたが、開通にこぎつけることとなりました。

なんせ、1年間 980円 は大きいですよ。

 

eo光 と NURO 光 速度対決

余談はさておいて、ここからが本題。

eo光 (1G) と NURO光 (2G) の速度を計測してみました。時間帯は、日曜日の午後2時頃になります。

まずは、PC の方から。

 

eo 光

eo光 1G / PC

 

NURO 光

NURO 光 2G / PC

続いて、スマートフォン。

機種は Galxy Note 8 になります。時間帯は少し遅れて、日曜日の午後3時頃になります。

 

eo 光

eo 光 / Galaxy Note 8

 

NURO 光

NURO 光 1G / Galaxy Note 8

結果からすると、やはり NURO 光 の方が早いですね。モバイルの方のアップロードはなぜか eo 光 の方が早いですが、概ね NURO 光 に軍配があがりそう。

まあ、これはあくまでも目安なんで、あまり細かいところは突っ込まないでください。

 

eo光 を2年ほど使ってみた感想

Image by Andrian Valeanu from Pixabay

結果的に解約することになる eo光なんですが、何度も言いますが、まったくもって不満等はありませんでした。家に帰ったら、単なるネットサーファーなんで、あんまりややこしいことしませんしね。

最初の工事についても、貸主さんに対する工事の承諾書が予め用意してあったり、宅外と宅内の工事も同時にやってもらえたので4立会も一日で済みました。

それに対して、NURO 光 は、貸主との事前承諾も口頭でOKな感じで5、すこし eo光 よりか甘い感じ。

また、工事も宅内工事を NURO 光 側の業者が宅外工事については NTT西日本側の業者が行うので、それぞれ別日になってしまいます。結果、立会も2回しないといけません。

NURO 光 の場合は、宅内工事の際に引き込み用のボックスを建物の外壁に取り付けるのですが、ボックスを取り付ける場所によっては、NTT西日本の宅外工事の際に、工事ができない、と断られる場合もあるらしいので、注意が必要です(私の場合は、幸いにも断られずに済みました)。

なんだか工事のことばかり書いていますが、その後一度もサポートに連絡するようなことはなかったんで、およそ問題がなかったと言っても過言ではないと思います。

ただ、残念なのは、NURO 光 に比べて数百円程度ですが、ほんの少し eo光 の方が月額料金が高い・・かな?

 

まとめ

というわけで、NURO 光 に乗り換えることになったのですが、1G から 2G への乗り換えなのでそんなにネットワーク速度に差があるわけではないのですが、やはり、1年間、月額 980円のインパクトは強いですよね6

ちなみに海外IP割当の件ですが、今のところ大丈夫です。調査したのは、

  • NETFLIX
  • Amaxon Prime Video
  • Youtube
  • マインクラフト
  • Steam

程度ですが、全部問題なくオンラインで動いています。

・・ここで独り言、

もしかすると、戸建てで住んでいるような場合は、NURO 光 と eo光 を、2~3年ごとに乗り換えるとコスパ高くなるんじゃなかろうか?

 

 


  1. プロバイダはぷららだったんですが、阪神地域は大阪(激遅)と神戸(やや遅)のいずれかに回線が集約されていたみたいで、隣の市へ移ることで集約先が大阪から神戸になって、少し遅さも緩和されるかもしれないという、ささやかな希望があったのです。 

  2. たくさんの無知な消費者が光コラボに騙されて、ハイスピード隼なんていう名前ばかりの 1G 回線に苦しめられたのだろうな、と一人確信しています。 

  3. IPガチャっていうのは、ルータやONUの再起動、またはルータの管理画面等から回線接続を切ったり入れたりすることで IPアドレス の割り当て直しをさせること。詳しくはググって。 

  4. ここが eo光 が関電系である強みですね。 

  5. もちろん家主さんには工事説明書を添付して送り、メールによる言質はとってあります。 

  6. あともう一つ、カスペルスキーの無料キャンペーンも魅力の一つでしたね。 


0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。