64bit版のWindows環境で、32bit版のODBCを設定したい場合の覚書。

コントロールパネル等から開いた場合、64bit版のODBCデータソースアドミニストレーターになるので、ODBCを登録しても32bit版のMS Officeからでは参照ができませんが、次のプログラムをコマンドラインから実行すると、32bit版のODBCデータソースアドミニストレーターが開きます。

カテゴリー: tipsWindows

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です