前回までで、無人応答ファイルの作成が終わりましたので、今回はインストーラの元となる「参照用マシン」の作成について書いていきたいと思います。

 

 

必要要件

この文書を作成、また実施する上での必要要件は以下のようになります。

  • Windows 10 のインストールメディア: ここでは、ボリュームライセンス版のインストールメディア ( ISO ファイル ) を使用します。
    → ( Windows Pro 10 1903.1 64Bit 版 )
  • テクニシャンコンピュータ: 展開用の環境を整える PC の事です。
    → ここでは単に 「作業用 PC」とか、「作業用マシン」と呼びます。
    • 作業用マシンは、ここでは Windows 10 Pro 64ビット版を使用しています。
    • 作業用マシンには、あらかじめ VirtualBox がインストールされているものとします ( VirtualBox 6.1.4 )。
  • 参照用コンピュータ:展開用イメージの元となるコンピュータ。
    → ここでは、「参照用 PC」とか、「参照用マシン」と呼びます。
    • 参照用マシンは、作業用マシンにインストールされている VirtualBox 上で作成します。仮想マシンです。

 

ゴール

  • 展開用の Windows 10 Pro の プレインストール用メディア (ISO ファイル) を作成する。
  • ターゲットとなる OS は、Windows 10 Pro 64ビット版。
  • あらかじめ、ブラウザとして Firefox、Thunderbird をプレインストールした状態にする。
  • 管理用のアカウントを自動で1つ登録する。

 

全体の流れ

Windows 10 の展開用イメージを作成する流れは、全体的に以下のようになります。

  • STEP1: 展開環境の準備1
    • ADKのインストール
    • Windows PEメディアの作成
    • WSIM 1903 更新プログラムを適用する
  • SETP2: 展開環境の準備2
    • 応答ファイルの作成
  • STEP3: 参照コンピュータの作成
    • Windows10のインストール ← 今回はここ
    • Windows Update の実行
    • デスクトプアプリケーションのインストール
    • デフォルトユーザープロファイルのカスタマイズ
    • Sysprep による一般化
  • STEP4: 標準イメージの作成
    • DISM コマンドを使用した標準イメージの作成
    • OSCDIMG コマンドを使用したISOイメージの作成

 

参照用マシンの準備

 

VirtualBox で参照マシンを作成

まず、これより下の説明は VirtualBox がすでに作業用のPCにインストールされているものとして進めていきます。インストールについては、ネット上に情報がたくさんあると思います。

 

作業用マシンのスペックに注意

作業用マシンにおいては、以下の点に注意してください。

  • メモリを最低 8G 程度搭載していること
  • マザーボード側で、CPU 設定の「仮想化1」が有効になっていること

メモリは、ゲストマシンにいくらかリソースを分ける必要があるので、多く搭載している方がよいです。

なお、今回の作業用マシンの OS は 「Windows 10 Pro 64 ビット版」であることを前提とします。

マザーボード側での CPU での仮想化については、申し訳ないですがググってください。これが有効になっていないと、そもそもゲストマシンを作れない可能性があります。

 

Windows 10 のセットアップ

まず最初に、作業用マシンに Windows 10 のインストール用 ISO ファイルが有るかどうか確認してください。

ここでは、次のインストール用メディア (VL 版 2 ) で検証しています 3

  • SW_DVD9_Win_Pro_10_1903.1_64BIT_Japanese_Pro_Ent_EDU_N_MLF_X22-14074.iso

ISO ファイルが手元の作業用マシンにあることを確認したら、VirtualBox でゲストマシンを作成していきます。

 

ゲストマシンの作成

  1. [新規]をクリック。
VirtualBox: 新規作成

VirtualBox: 新規作成

  1. 「仮想マシンの作成」
    • 名前: 展開用イメージには関係しないので、適当な名前を指定します。
    • マシンフォルダー: デフォルトのままで OK。
    • タイプ: [Microsoft Windows] を選択
    • バージョン: [Windows 10 (64-bit)] を選択
VirtualBox: 仮想マシンの作成

VirtualBox: 仮想マシンの作成

  1. 「メモリーサイズ」: ここでは 4GB (4096MB) に設定しておきます。
VirtualBox: メモリーサイズ

VirtualBox: メモリーサイズ

  1. 「ハードディスク」
    • [仮想ハードディスクを作成する] にチェックして、[作成]
    • ハードディスクタイプ: [VDI] にチェックして、[次へ]
    • 物理ハードディスクにあるストレージ: [可変サイズ]にチェックして、[次へ]
    • ファイルの場所とサイズ: 場所はデフォルトでもよいが、空き容量が十分にあること。
      サイズは 50GB にする。
    • ここまでできたら、[作成]をクリック。
VirtualBox: ファイルと場所のザイズ

VirtualBox: ファイルと場所のザイズ

  1. ゲストマシンが作成される
VirtualBox: 作成された仮想マシン

VirtualBox: 作成された仮想マシン

 

ゲストマシンの設定変更

ゲストマシンを起動する前に、一部の設定を変更します。

まず、[設定] をクリックして次に開く 「設定」ウィンドウの「システム」 をクリックします。

「拡張機能」 の項目にある、

  • [EFI を有効化]

のチェックボックスにチェックを入れます4

VirtualBox: 仮想マシンの EFI を有効化

VirtualBox: 仮想マシンの EFI を有効化

 

次に、ゲストマシンのネットワーク設定を変更します。

設定」ウィンドウの、「ネットワーク」を選択してください。

ここでは、

  1. まず、「割り当て」を [ブリッジアダプター] にします。
  2. [ネットワークを有効化] のチェックボックスを 外し ます[^vboxnet]。
  3. 最後に、「設定」 ウィンドウを [OK] で閉じます。
VirtualBox: ネットワークを一時的に無効にする

VirtualBox: ネットワークを一時的に無効にする

 

これは一時的に無効にするもので、また後ほど有効にします。

 

Windows 10 Pro をゲストマシンにインストール

次に、ゲストマシンを起動します。

先ほど作成したゲストマシンを選択して、[起動] をクリック。

VirtualBox: 仮想マシンの起動

VirtualBox: 仮想マシンの起動

 

「起動ハードディスクを選択」というウィンドウが出てきたら、フォルダアイコンをクリックして 先程の ISO ファイルを選択します。

VirtualBox: 起動する ISO ファイルの選択

VirtualBox: 起動する ISO ファイルの選択

 

「Windows セットアップ」は内容そのままで [次へ]

VirtualBox: Windows セットアップ

VirtualBox: Windows セットアップ

 

[今すぐインストール] をクリック

VirtualBox: 今すぐインストール

VirtualBox: 今すぐインストール

 

「インストールするオペレーティング システムを選択」 は、 [Windows 10 Pro]

Windows10 セットアップ: オペレーティングシステムの選択

Windows10 セットアップ: オペレーティングシステムの選択

 

「適用される通知とライセンス条項」 は、[同意します] にチェックを入れて [次へ]

Windows10 セットアップ: ライセンス条項の確認

Windows10 セットアップ: ライセンス条項の確認

 

「インストールの種類」は、[カスタム:Windows のみをインストールする] をクリック。

Windows10 セットアップ: インストールの種類

Windows10 セットアップ: インストールの種類

 

「インストール場所」は、次のようにします。

  • [新規] をクリック
  • [サイズ] はそのまま (50 GB) で [適用] し、 [次へ]
  • 「Windows の全ての機能が正常に動作するように、システム ファイル用に追加のパーティションが作成されることがあります」というダイアログは、[OK]。

すると、次のようにディスクのパーティションがいくつかに分割されて作成されます。

Windows 10 セットアップ: インストール場所の作成

Windows 10 セットアップ: インストール場所の作成

 

今回のこの例の場合 (全図)、「ドライブ 0 パーティション 4」 をクリックして選択し、[次へ] をクリックします。ここで選択を間違えないようにしてください。

Windows 10 セットアップ: パーティション分割

Windows 10 セットアップ: パーティション分割

 

すると、特に確認のダイアログもなく、Windows 10 のインストールが開始されます。

Windows 10 セットアップ: インストール開始

Windows 10 セットアップ: インストール開始

 

インストールには数十分掛かる可能性があるので、しばらく待ってください。

 

OOBE のスタート

インストール後、再起動かかります。

Windows 10 セットアップ: 準備しています

Windows 10 セットアップ: 準備しています

 

「お住まいの地域」はそのまま「日本」で。

Windows 10 セットアップ: お住まいの地域の選択

Windows 10 セットアップ: お住まいの地域の選択

 

「キーボードレイアウト」は、「Microsoft IME

Windows 10 セットアップ: キーボードレイアウト

Windows 10 セットアップ: キーボードレイアウト

 

「2つ目のキーボードレイアウト」は [スキップ]

Windows 10 セットアップ: 2つ目のキーボードレイアウト

Windows 10 セットアップ: 2つ目のキーボードレイアウト

 

重要なセットアップを実行します。

Windows 10 セットアップ: 重要なセットアップを実行します

Windows 10 セットアップ: 重要なセットアップを実行します

 

設定する方法を指定 → ここでは「個人用に設定」することにします。

Windows 10 セットアップ: 設定する方法を指定してください

Windows 10 セットアップ: 設定する方法を指定してください

 

「Microsoft アカウントでサインイン」は [オフラインアカウント]

Windows 10 セットアップ: Microsoft アカウントでサインイン

Windows 10 セットアップ: Microsoft アカウントでサインイン

 

「サインインして・・」と、しつこくせがんできますが、ここでは無視して「制限付きエクスペリエンス」をクリック。

Windows 10 セットアップ: サインインして、すべての Microsoft のアプリとサービスを活用してください

Windows 10 セットアップ: サインインして、すべての Microsoft のアプリとサービスを活用してください

 

[このPCを使うのはだれですか?] で、管理用ユーザー名を入力し、[次へ]。

Windows 10 セットアップ: この PC を使うのはだれですか?

Windows 10 セットアップ: この PC を使うのはだれですか?

 

[確実に覚えやすいパスワードを作成します] ではパスワード入力を確認も含めて2回する必要があります。また、その後[このアカウントのセキュリティの質問] ということで、秘密の質問を 3 個設定する必要があります。

Windows 10 セットアップ: 確実に覚えやすいパスワードを作成します

Windows 10 セットアップ: 確実に覚えやすいパスワードを作成します

 

[アクティビティの履歴を利用して・・] では、「いいえ」をクリック。

Windows 10 セットアップ: アクティビティの履歴

Windows 10 セットアップ: アクティビティの履歴

 

[デジタルアシスタント] については「拒否」します。

Windows 10 セットアップ: デジタルアシスタントの設定

Windows 10 セットアップ: デジタルアシスタントの設定

 

[デバイスのプライバシー設定の選択] は、任意に選択した上で「同意」します。

Windows 10 セットアップ: デバイスのプライバシー設定の選択

Windows 10 セットアップ: デバイスのプライバシー設定の選択

 

[これには数分かかることがあります]については、「早くしてくれ」と唱えてください。

Windows 10 セットアップ: これには数分かかることがあります

Windows 10 セットアップ: これには数分かかることがあります

 

[全てお任せください]は、「それは嫌だ」とつぶやいてください。

Windows 10 セットアップ: すべてお任せください

Windows 10 セットアップ: すべてお任せください

 

インストールが完了すると、次のようにデスクトップが表示されます。Microsoft Edge の設定は言語を適切に選んでください。

Windows 10 セットアップ: セットアップ完了

Windows 10 セットアップ: セットアップ完了

 

まだまだ続きます

今回は、Windows のゲストマシン作成と、Windows 10 のセットアップでお腹いっぱいな感じですが、このあと参照マシンの設定に入っていくことになるのですが、それはまた次のお話で・・。

 

 

 


  1. 各マザーボードメーカーごとに、UEFI もしくは BIOS の設定画面や項目は異なると思いますが、Intel であれば 「Virtualization Technology」、AMD のチップセットであれば「Secure Virtual Machine」等の値を有効 (Enable)にします。 

  2. Volume Licence、ボリュームライセンス版の事。今回の場合は、すでに Windows 7 や、8、8.1 等の Pro エディションのプレインストール PC に対してアップグレード権を行使して Windows 10 Pro をインストールするというシナリオになります。 

  3. ここではボリュームライセンスのメディアをベースにしています。その他のインストールメディア (例えば ダウンロード版、DSP版、パッケージ版)については検証していません。ライセンスに関する問題をクリアしているかどうか、自己責任でお願いします。 

  4. チェックを入れることで、BIOS モードではなく EFI モードで起動します。BIOS モードでもインストールできますが、通常 Windows 10 では EFI を有効にします。 


 
記事を共有する

zaturendo

中小企業社内SE。

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。