ほんとに突然ですがカレーを作りました。

最近、スパイスカレーを作るのにハマっています。

今日は、晩御飯が店屋物になってしまったので、ちょっと簡単にスパイスカレーを一品追加してみました。

 


※画像は本文とは関係ありません。(ちなみに画像は、大阪中央区のBOTANI CURRY | ボタニカリーの、ボタニカリーチキン。筆者撮影。)

 

材料(2人分)

  • 玉ねぎ 半玉
  • ナス(大) 1本(200g前後)
  • ししとう 2~3本
  • 鰹節2g袋入 半分
  • パウダースパイス1
    • コリアンダーパウダー 大さじ1/2
    • クミンパウダー 大さじ1/2
    • ターメリックパウダー 小さじ1/2
    • チリパウダー 小さじ1/2
  • 塩 小さじ1/2
  • 砂糖 小さじ1/2
  • オリーブオイル 大さじ3
  • 水 300cc
  • 牛乳 50cc

作り方

  1. 玉ねぎはみじん切りに。
  2. ナスはいちょう切りに。
  3. ししとうはみじん切りに。
  4. フライパンにオリーブオイルを熱し、ししとう、玉ねぎを入れ炒める。
  5. 玉ねぎがしんなりして、端のほうが色づいてきたくらいでナスを投入し、しっかりとナスにオリーブオイルをからめる。
  6. ナスがオイルを吸って火が通って、再びナスから油が滲み出した頃合いで一旦火を弱火にする。
  7. パウダースパイス、塩、砂糖、鰹節を入れて、粉っぽさがなくなるまでしっかりと混ぜ合わせる。
  8. 混ぜ合わせながら、少し火を強めて香りを立たせる(火を入れすぎない事2
  9. 水を分量の半分だけ入れて、中火にして一旦煮たたせる。
  10. 残りの水を加えて中火で煮たてる。カレーのソースが油と分離した感じになる頃合いが出来上がりの合図。
  11. 塩加減を調整して、最後に牛乳を加えてしばらく沸騰させないように火を入れて完成。

こつ

スパイスは水に溶けにくく、油と親和性が高いので、ナスが吸った油がにじみ出たところをパウダースパイスに吸わせるようなイメージになります。なので、混ぜても粉っぽさが抜けない場合は少しオリーブオイルを足してやると良いです。

また、パウダースパイスを混ぜるときは弱火で。60℃前後で1分程度加熱すると香りが立つので、それを目安に混ぜ合わせるようにします。あまり火を強くしすぎると香りが飛んでしまいます。

辛さが苦手な方は、チリパウダーを半分にするか、上記の 7. のときにプレーンヨーグルトを大さじ1程度入れてよくなじませるといいかもしれません。

市販のカレー粉を使う場合は、分量によっては苦味が強い場合があります。その場合は、塩味を強くするなどしてみてください。

まとめ

とてもシンプルなレシピです。たったこれだけの材料で結構いい味が出ます。よくこういうカレーにありがちな、タマネギが飴色になるまで炒める必要もありません。

このままカレースープのように食べてもいいでしょうし、カレーライスにしてもいいと思います。辛い場合は、プレーンヨーグルトを付け合せにすると辛さが和らぎます。

反省点としては、写真を撮り忘れたことですね・・


  1. 個別にスパイスがない場合は、市販のカレー粉大さじ1杯強でもOK 
  2. ココ重要 

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です