先日テレビでレポートされていた、「ほんたき山のカフェ」さんに行ってきました。

能勢妙見山の麓にある、素敵なお店です。

その上、ペット連れで入れるということなので、なおさら気になりますよね?

 

Photo by 雑廉堂

 

前から、MBS の「ミント増刊号」で紹介されていた、「ほんたき山のカフェ」が気になっていました。

ロケーションは大阪・能勢の妙見山の山麓。

テレビでは眺めのいい屋外のテラスで、特製のスパイスカレーやケーキなどを頬張っている様子が映し出されていました。

そして、ちらりと見えたのが、テラス席で飼い主さんと一緒にやってきたと思われるワンちゃんの姿が・・

気になってしまい、思わず Facebook でメッセージをさせていただきました。

私:テラスはペット同伴可能でしょうか?

オーナー:テラスはペット同伴可能ですよ😊

そこで、梅雨の合間でしたが、お店に行ってみました。

 

意外に山奥

私はその昔、バイクで能勢の道を走りまくったんでそんなにも感じませんでしたが、一般の方は結構山奥に感じるのではないでしょうか?

ちょうど川西市の一の鳥居から分岐して、豊能町のときわ台を経由する国道477号線の野間稲地 の交差点と、池田から亀岡に抜ける国道423号線の妙見口 を結ぶ峠道(府道4号線)沿い、野間峠を能勢町側に下ったところにその入口はあります。

国道423号線の妙見口からきた場合は結構鋭角に曲がらないといけないかもしれませんんね。私は川西側から入ったので全く問題ありませんでしたが・・

府道4号線から分岐を入るといきなりコンクリート製の鳥居が。

それを超えると、道沿いに「南妙法蓮華経」と書かれた白いのぼりが道沿いに並んでいて、夜に来たらさぞかし怖いだろうなぁ、と思うくらい。

しばらく行くと、近代的なコンクリート製の建物と、その前に駐車場が。

本来はここで停めるのかな?

と思いつつも、そのまま車で先に行ってみる。

少し勾配のある車道を上って、途中にヘアピンカーブをハンドルを切り返しながら曲がり、登りきると目の前に「ほんたき山のカフェ」さんと、その奥に能勢妙見山 本瀧寺が。

駐車場に車を停めて、早速テラスに向かいます。

Photo by 雑廉堂

食べログとかでは、テレビの影響もあってか、結構お客さんが入っていたみたいで1時間待ちだった、なんていうことが書かれていたのですこし心配だったけれど、今回は土曜日ということもあってか、比較的空いていました。

テラス席は、テラスのヘリをぐるりとカウンター式のテーブル席と、その内側に円形のテーブル席が2箇所ほどのスペース。

カウンターテーブルのほうが、展望もよいのですが残念ながらお客さんで埋まっていたので、円形のテーブル席の方に。

展望は、ちょうど北側の方に開けていて、奥の方に剣尾山(けんびさん: 784m)や深山(みやま: 790.5m)といった北摂能勢の最高峰が控えて、手前に向けて幾重にも山が連なっている様子を伺うことができます。

Photo by 雑廉堂

 

薬膳カレー

さて、今回ここに来たのは、今まさにスパイスカレー作りにハマっていて、毎週日曜日に家族にカレーを振る舞うことが定着している私が、能勢のスパイスカレー、「ほんたき山のカフェ」の薬膳カレーを食してみたかったから、と言っても過言ではありません。

しかもペット同伴で、能勢ののどかな景色を見ながらスパイスカレーを食す、という贅沢な時間。なんともいい感じじゃありませんか?

早速、薬膳カレーとコーヒーのセットを注文。

天気は、梅雨の合間でちょっと蒸し暑い。山の上だからといって、決して涼しいわけではないんだなぁと。ちょっと面倒なのが、やはりこの時期は蚊ですな。

流石にお寺の境内の中なんで、殺生はしませんでしたが、ちょっと蚊が鬱陶しかった。

しばらく待つと、円いお皿にもられたカレーと、スパイス容器に入れられた、野菜のピクルス。この容器、スパイス入れをAmazonで検索したときに出てきたやつだ。などと思いながら、カレーを眺めます。

円いお皿(結構重い)に、真ん中に丸くご飯(茶飯とのこと)が盛られて、その上に十文字に湯葉が。そしてその周りに、カレーのソースがぐるりと取り巻いて、おそらく生クリームが少し垂らされて、いい感じにアクセントになっています。

 

オーソドックスでも、美味しくてヘルシーなカレー

Photo by 雑廉堂

では、早速実食!

カレーのソースはほんの少しとろみがあって、スパイシーできちんと味も出てます。おそらく、クミンがきっちりと香るカレー。たしか6種類のスパイスを使用と書いてあったけれども、おそらくクミン、コリアンダー、カイエンペッパー、ターメリックという基本の4種のスパイスに、カルダモン、クローブといった感じなんだろうか。とにかく、クミンの香りが一番強く出ています。

Photo by 雑廉堂

ソースは、きめ細やかな舌触り、おそらく具材もろともミキサーしているのかな?

それに薬膳カレーと言うだけあって、肉のたぐいは全く無く、カレーソースにゴロゴロと入っているのは、ごぼう。あとは、御飯の上に乗っている湯葉くらい。

茶葉と一緒に炊かれたご飯は、パット見は味が濃そうに見えるが、実にあっさりとしていて、お茶の香りが強いわけでもない。というか、スパイスの香りの前には、お茶の香りも負けているだけかもしれないけれど・・

でも、肉類を一切使わずに、それでもしっかりとした味もある。これは多分、魚介の出汁を使っているからなのかな?

あと、女性受けさせるためかもしれないけれど、そんなに辛さはなく、スパイスカレー独特のホットな辛さが苦手な方でも食べやすいんじゃないだろうか・・。あと、たぶんココナッツミルクか、生クリームか、味がまろやかになっているのも女性には優しいかもしれない1

Photo by 雑廉堂

というわけで、とても優しいお味のカレー。でもきちんとスパイシーだし、味もしっかりしている。

これは、店主がもともとパティシエされていたから、ていうのもあるのかも。

 

メニューは他にケーキもある

私達は、カレーが目当てだったのでカレーを注文したけれど、その他の方々はカレー以外にケーキを注文されていました。

次回は、ケーキを食べようかな・・

 

常連さんも多いみたい

あと、常連さんも多いみたいで、特にライダーの方々がたくさんやってきていました。

ツーリングのついでに、ここでコーヒーで一服、というのもいいかもしれませんね。

それに、近々ハーレーの試乗会もするとかなんとか・・

確かに、レジの前にいろんなバイク系のステッカーやワッペンとかが飾ってあったりして、結構ライダー系のファンも多そうですね。

 

まとめ

能勢で結構本格的なスパイスカレーを食べることが出来ます。

あと、ペットもテラス席までは同伴可能です。

梅雨時期や夏はテラス席も暑くて大変かもしれませんが、ペット連れてカレーを食べる、ということができる数少ないお店ですね。

もちろん、ペット同伴でなければ屋内に席もあるので安心してください。

日帰りツーリングのシメに、こちらによってみるのもいいでしょう。

是非機会があったら訪れてみてください。

 

アクセス

ほんたき山のカフェ

住所: 大阪府豊能郡能勢町野間中718
電話番号: 080-6234-9069
営業日: 月曜・土日祝
営業時間: 9時~17時
リンク: ホームページFacebook
  • お店には最寄りの駅はありません。車かバイクが必須です。
  • 下の舗装された駐車場から上は、勾配がきつく、普通車ではカーブでハンドルを何回か切り返さないといけません。自信のない方は下の駐車場に停めて徒歩で登った方がよいかもしれません。

地図


  1. 家で、どストレートなチキンのスパイスカレーを作ると、うちの女性陣にはちょっとチリの辛さが強いみたい。 

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。