カレー作りましたシリーズ。

今回は、定番の付け合せでちょっと癖になってしまう、ナスのアチャールの作り方を書いてみたいと思います。

ちょっと普通に売っていないようなスパイスも出てきますが、なくてもできると思うので、ぜひ一度作ってみてください。

あと、ご多分に漏れず、今回も写真がありません。ネットでググっていただければ、たくさん画像も出てくると思うので、参考にしてください。

 

 

材料

  • ナス 350g
  • ししとう 3本
  • しょうが 1cm
  • にんにく 2片
  • 白ワインビネガー(穀物酢でも可) 100cc
  • オリーブ油 100cc
  • 塩 小さじ2
  • 砂糖 大さじ1

ホールスパイス

マスタードシードはそうでもないかもしれませんが、フェヌグリークシードはスーパー等では売ってないと思うので、なくてもいいと思います。

  • マスタードシード 1 tsp
  • フェヌグリークシード 1/4 tsp

パウダースパイス

ガラムマサラは、ない場合にはクミンパウダー、コリアンダーパウダーを小さじ1/2 ずつくらいでもいいかもしれません。あるいは、何もなければ最悪カレー粉でも大さじ1弱入れても問題はないかもしれません。

  • パプリカ 1tsp
  • ガラムマサラ 1/2 tsp
  • ターメリック 1/2 tsp
  • チリペッパー 1/2 tsp

下ごしらえ

  • ナスは1cm 角くらいにカットします。
  • ししとうは、荒く刻んでおきます。
  • しょうが、にんにくはみじん切りに。

作り方

  1. デオリーブ油100ccにホールスパイスを加え、中火~弱火くらいで加熱する。マスタードシードが弾けるのが弱まるのを待つ。
  2. フェヌグリークシードは、きつね色くらいの状態だと苦味が出るので、黒くなるまで加熱します。苦味が弱くなります。
  3. にんにくを加えて炒め、ししとう、生姜を加えて更に炒める。
  4. ナスを加えて、ナスが油を均一に吸うように混ぜ合わせて炒める。
  5. 油を吸ったナスから、再び油がにじみ出てくるくらいになったら、ビネガーと砂糖を加える。
  6. 5分弱くらい煮て、酢の刺激的な香りを飛ばす。
  7. 火を弱め、パウダースパイス、塩を加えて香りが出るくらいまで軽く炒め合わせる。
  8. 最後に塩で味を整えて、火を止め粗熱を取ります。
  9. タッパー等に入れて、冷蔵庫で保存します。

まとめ

酢の酸味が、スパイスの辛さを抑えて、ナスにもコクが出て美味しいインド風のお漬物。この定番のナスのアチャールは、ご飯にも合います。

カレーの味変用の付け合せとしてもいけますし、ご飯のお供にもなる、そんな料理です。

一度お試しあれ。


0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。