Ubuntu で HHKB を使用する際の覚書です。

 

 

我が家に昔買った HHKB (Happy Hacking Key-Board) Professional 2 (US配列) があります。そう、ハイブリッドでもワイヤレスでもない古いやつです。

もともとはメイン PC のキーボードとして使っていたわけですが、Blender での編集や、レトロ PC のゲームをするときなんかに、どうしてもテンキーがないのがネックになってしまい、東プレのフルキーボードに買い替えた経緯があります。

最近は、PC でブログの記事を編集したりしつつ、テレビで Netflix 見ることが多いので、古い Dell のノートPC (Inspiron 15R 5521) をよく使っています。

ただ、ノート PC のキーボードは得てして打ちにくいもので、これに HHKB を繋いで使ってみようと思った次第です。

PFU HHKB Professional 2 墨

PFU HHKB Professional 2 墨:HHKB はその潔さと精悍さがたまらない

 

今この Inspiron 15R 5521 には Ubuntu 20.04 がインストールされています。ちなみに、HHKB は Professional 2 の黒で US 配列。今流行りのハイブリッド静音タイプでもなく、ワイヤレスでもなく、有線接続タイプのものになります。

単純に、USB ケーブルを Inspiron に接続すればそのまま使用できますが、HHKB は US 配列のキーボードを使用しているので色々面倒です。

そこで、Ubuntu ノートで US 配列の HHKB が使用できるように設定してみたいと思います。

ちなみに以下の作業は、Ubuntu 20.04 LTS、19.10 上で確認しています。

 

Ubuntu のキーボード設定を変更する

まず、キーボードの再設定をします。

sudo dpkg-reconfigure keyboard-configuration

 

キーボードのモデルは、「Happy Hacking」を選択します。

keyboard-configuration: キーボードモデル

keyboard-configuration: キーボードモデル

 

キーボードが由来する国を「English (US)」にします。

keyboard-configuration: キーボードレイアウト

keyboard-configuration: キーボードが由来する国の選択

 

キーボードのレイアウトを「English (US)」にします。

keyboard-configuration: キーボードのレイアウト

keyboard-configuration: キーボードのレイアウト

 

残りは、デフォルトのままにします。

keyboard-configuration: AltGr として機能させるキー

keyboard-configuration: AltGr として機能させるキー

keyboard-configuration: コンポーズキー

keyboard-configuration: コンポーズキー

keyboard-configuration: CTRL+ALT+BS

keyboard-configuration: CTRL+ALT+BS

 

次に /etc/default/keyboard の内容を確認します。

# KEYBOARD CONFIGURATION FILE

# Consult the keyboard(5) manual page.

XKBMODEL="hhk"
XKBLAYOUT="us"
XKBVARIANT=""
XKBOPTIONS=""

BACKSPACE="guess"

内容はこのようになっているはずです。

 

fcitx のインストールと設定

普通、特に何も気にせず Ubuntu をインストールすると ibus + Mozc で日本語入力が構成されていると思いますが、これを fcitx + Mozc に変更します1

まず、fcitx をインストールします。

sudo apt install fcitx fcitx-mozc

アプリケーションを検索し、「入力メソッド」を開きます。

インプットメソッドの現在の設定の確認は、単純に「OK」で。

インプットメソッドの設定: 現在の設定

インプットメソッドの設定: 現在の設定

 

「明示的にユーザー設定を選択しますか?」は、「はい」

インプットメソッドの設定: 明示的にユーザー設定を選択しますか?

インプットメソッドの設定: 明示的にユーザー設定を選択しますか?

 

「ユーザー設定を選択」で、fcitx に設定し、「OK」

インプットメソッドの設定: ユーザー設定を選択

インプットメソッドの設定: ユーザー設定を選択

 

そして、最後は「OK」

インプットメソッドの設定: 設定変更の確認

インプットメソッドの設定: 設定変更の確認

 

動作確認

ここまでで、一旦再起動し、起動後「fcitx の設定」を開いて次のようになっていればOKです。

fcit 設定:入力メソッド

fcit 設定:入力メソッド

 

「全体の設定」で入力メソッドのオンオフのキーの設定が行なえますので、好みに合わせて変更しましょう。

fcitx 設定:全体の設定

fcitx 設定:全体の設定

 

まとめ

HHKB Pro2 with Dell Inspiron 15R 5521

HHKB Pro2 with Dell Inspiron 15R 5521

これで、あなたの家で眠っている HHKB も、Linux Ready にしてあげるのはいかがでしょうか?

あー、でも HHKB Professional HYBRID Type-S が欲しいなぁ。

 

 

 


  1. ibus は、キーバインドの切替の挙動がなにか変なんですよね。あと、Alt + Super みたいなバインドができないのも融通が効かないところ。 


 
記事を共有する
カテゴリー: Linuxubuntu

zaturendo

中小企業社内SE。

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。