Ubuntu 18.04 で運用しているサーバーに、プロジェクト管理ツール、Redmine をインストールしたのでその覚書です。

RubyとRuby on RailsをRbenvでインストール(システムワイド編) 」の続きになります。

この記事を書いてずいぶん寝かしてしまっていたので、以下の記述は Redmine 4.0.1 に関するインストールになります1

なお、いつものことですが、この記事はあくまでも個人の備忘録ですので、参考にされる場合は自己責任でお願いします。

これまで、Redmine 3.2 を利用していたのですが、サーバー移行するのでバージョンアップしてみました。

記事は、原則として新規にインストールすることを前提として書いていますが、後半に移行時のヒントを書いています。

前提

公式のインストールガイド

データベースの作成

MariaDB でデータベースを作成します。

$ mysql -u root -p

次のSQLを実行します。ここでは仮に以下のように想定して設定します2

  • データベース名: redmine
  • ユーザー名: redmine
  • パスワード: my_password
CREATE DATABASE redmine CHARACTER SET utf8mb4;
CREATE USER 'redmine'@'localhost' IDENTIFIED BY 'my_password';
GRANT ALL PRIVILEGES ON redmine.* TO 'redmine'@'localhost' WITH GRANT OPTION;

Redmineの取得

Redmine をダウンロードします。

$ wget http://www.redmine.org/releases/redmine-4.0.1.tar.gz

データベース接続設定

Redmine のアーカイブを解凍して、データベースの設定ファイルconfig/database.ymlを編集します。

$ tar zxf redmine-4.0.1.tar.gz
$ cd redmine-4.0.1/
redmine-4.0.1$ cp config/database.yml.example config/database.yml

config/database.ymlに接続設定を記述します。。

# config/database.yml
production:
  adapter: mysql2
  database: redmine
  host: localhost
  username: redmine
  password: "my_password"

追加Gemのインストール

実行に必要な Gem をインストールするのに必要なパッケージをインストールします。

redmine-4.0.1$ sudo apt install imagemagick libmagick++-dev fonts-takao-gothic

bundle install を実行して、必要なGemをインストールします。

redmine-4.0.1$ bundle install --without development test
The dependency tzinfo-data (>= 0) will be unused by any of the platforms Bundler is installing for. Bundler is installing for ruby but the dependency is only for x86-mingw32, x64-mingw32, x86-mswin32. To add those platforms to the bundle, run `bundle lock --add-platform x86-mingw32 x64-mingw32 x86-mswin32`.
:
:
Bundle complete! 26 Gemfile dependencies, 58 gems now installed.
Gems in the groups development and test were not installed.
Use `bundle info [gemname]` to see where a bundled gem is installed.

rmagickが不要の場合は、単純に以下のコマンドでOK

redmine-4.0.1$ bundle install --without development test rmagick

セッショントークンの作成

redmine-4.0.1$ bundle exec rake generate_secret_token

データベーススキーマオブジェクトの生成

redmine-4.0.1$ RAILS_ENV=production bundle exec rake db:migrate
== 1 Setup: migrating =========================================================
-- adapter_name()
   -> 0.0000s
-- adapter_name()
   -> 0.0000s
-- adapter_name()
   -> 0.0000s
-- create_table("attachments", {:options=>"ENGINE=InnoDB", :force=>true, :id=>:integer})
   -> 0.0458s
   :
   :
== 20180923091603 ChangeSqliteBooleansDefault: migrating ======================
== 20180923091603 ChangeSqliteBooleansDefault: migrated (0.0000s) =============

データベースデフォルトデータセットの挿入

Select language: で言語を設定します。ja に設定します。

redmine-4.0.1$ RAILS_ENV=production bundle exec rake redmine:load_default_data


Select language: ar, az, bg, bs, ca, cs, da, de, el, en, en-GB, es, es-PA, et, eu, fa, fi, fr, gl, he, hr, hu, id, it, ja, ko, lt, lv, mk, mn, nl, no, pl, pt, pt-BR, ro, ru, sk, sl, sq, sr, sr-YU, sv, th, tr, uk, vi, zh, zh-TW [en] ja
====================================
Default configuration data loaded.

必要なディレクトリを作成

必要なディレクトリを作成します。

redmine-4.0.1$ mkdir -p tmp tmp/pdf public/plugin_assets
redmine-4.0.1$ chmod -R 755 files log tmp public/plugin_assets

もし、環境移行等で、バックアップファイルから復元する場合は、logtmppublic/plugin_assetsのディレクトリにあるファイルの実行権限を無効にします。

redmine-4.0.1$ sudo find files log tmp public/plugin_assets -type f -exec chmod -x {} +

インストールをテスト

WEBRic3 を利用して、試験的にインストールをテストしてみます。

redmine-4.0.1$ sudo su
redmine-4.0.1# source /etc/profile
redmine-4.0.1# bundle exec rails server webrick -e production

http://your-ip-address:3000/ にアクセスして Welcome ページが表示されるか確認。

確認が取れたら、CTRL+C で停止させます。

passenger インストール

Apache2 上で Ruby の Webアプリケーションを実行させるために、Passenger をインストールします。

$ sudo -i gem install passenger --no-document
Fetching passenger-6.0.1.gem
Building native extensions. This could take a while...
Successfully installed passenger-6.0.1
1 gem installed

Passenger のビルドに必要なパッケージを導入します。

$ sudo apt install libcurl4-openssl-dev apache2-dev libapr1-dev libaprutil1-dev

Passenger をインストールします。

$ sudo -i passenger-install-apache2-module

実行すると、何点か質疑があるのでそれに答えます。

最初の問には、1. The Apache2 module will be installed for you. を選択します。

Welcome to the Phusion Passenger Apache 2 module installer, v6.0.1.

This installer will guide you through the entire installation process. It
shouldn't take more than 3 minutes in total.

Here's what you can expect from the installation process:

 1. The Apache 2 module will be installed for you.
 2. You'll learn how to configure Apache.
 3. You'll learn how to deploy a Ruby on Rails application.

Don't worry if anything goes wrong. This installer will advise you on how to
solve any problems.

Press Enter to continue, or Ctrl-C to abort.
1

言語は、Ruby を選択します。

Which languages are you interested in?

Use  to select.
If the menu doesn't display correctly, press '!'

 ? ?  Ruby
   ?  Python
   ?  Node.js
   ?  Meteor

その後、ビルドが始まるのでしばらく待ってください。

ビルドが終了すると、Apache2 向けの設定、LoadModule ~ </IfModule>が表示されるので、コピーします。これは後ほど/etc/apache2/conf-available/passenger.conf で設定します。

Almost there!

Please edit your Apache configuration file, and add these lines:

   LoadModule passenger_module /usr/local/rbenv/versions/2.6.1/lib/ruby/gems/2.6.0/gems/passenger-6.0.1/buildout/apache2/mod_passenger.so
   
     PassengerRoot /usr/local/rbenv/versions/2.6.1/lib/ruby/gems/2.6.0/gems/passenger-6.0.1
     PassengerDefaultRuby /usr/local/rbenv/versions/2.6.1/bin/ruby
   

After you restart Apache, you are ready to deploy any number of web
applications on Apache, with a minimum amount of configuration!

Press ENTER when you are done editing.


--------------------------------------------

Validating installation...

 * Checking whether this Passenger install is in PATH... ?
 * Checking whether there are no other Passenger installations... (!)

   You are currently validating against Phusion Passenger 6.0.1, located in:

     /usr/local/rbenv/versions/2.6.1/lib/ruby/gems/2.6.0/gems/passenger-6.0.1/bin/passenger

   Besides this Passenger installation, the following other
   Passenger installations have also been detected:

     /usr/local/rbenv/shims/passenger

   Please uninstall these other Passenger installations to avoid
   confusion or conflicts.

 * Checking whether Apache is installed... ?
 * Checking whether the Passenger module is correctly configured in Apache... (!)

   You did not specify 'LoadModule passenger_module' in any of your Apache
   configuration files. Please paste the configuration snippet that this
   installer printed earlier, into one of your Apache configuration files, such
   as /etc/apache2/apache2.conf.


Detected 0 error(s), 2 warning(s).
Press ENTER to continue.

--------------------------------------------

Deploying a web application

To learn how to deploy a web app on Passenger, please follow the deployment
guide:

  https://www.phusionpassenger.com/library/deploy/apache/deploy/

Enjoy Phusion Passenger, a product of PhusionR (www.phusion.nl) :-)
https://www.phusionpassenger.com

PassengerR is a registered trademark of Phusion Holding B.V.
redmine-4.0.1$

Redmine をデプロイ

ディレクトリごとファイルを移動。ここでは、/var/lib 配下に移動させます。

$ sudo mv redmine-4.0.1/ /var/lib

シンボリックリンクを張ります。

$ sudo ln -s /var/lib/redmine-4.0.1 /var/lib/redmine

フォルダのオーナーとグループを変更します。

$ sudo chown -R www-data:www-data /var/lib/redmine-4.0.1/

Apache2 の設定

passenger.conf

/etc/apache2/conf-available/passenger.conf を作成し、設定を有効にします。

LoadModule passenger_module /usr/local/lib/apache2/mod_passenger.so

  PassengerRoot /usr/local/lib/gems/2.6.0/gems/passenger-6.0.1
  PassengerDefaultRuby /usr/local/bin/ruby

$ sudo a2enconf passenger

redmine.conf

/etc/apache2/sites-available/redmine.conf を作成し、サイトの設定を有効にします。

設定は、サイトURLのサブディレクトリ /redmine にRedmine を配置するようにしています。

Alias /redmine /var/lib/redmine/public

    PassengerBaseURI /redmine
    PassengerAppRoot /var/lib/redmine


    Allow from all
    Options -MultiViews
    Require all granted

$ sudo a2ensite redmine

/usr/local/rbenv 以下のオーナーの変更

残念ながら、/usr/local/rbenv 以下のディレクトリやファイルについて、オーナーが root 以外だと、The application process exited prematurely.というログを吐いて、redmineを起動できないので、オーナーを変更します。

$ sudo chown -R root /usr/local/rbenv

Redmine のインストールを確認

Apache2 を再起動します。

$ sudo systemctl restart apache2

その後、http://サイトURL/redmine にアクセスしてみて、Redmine のホームが表示されるかどうか確認します。

エラーが発生する場合は、/var/log/apache2/error.log を確認して対処してください。

ModSecurity を使用している場合

/etc/modsecurity/modsecurity_crs_99_whitelist.conf を作成し、次のように記述します。


    SecRuleRemoveById 932110 932130 949110 980130

保存したら、Apache2 を再起動します。

$ sudo systemctl restart apache2

マイグレーションする場合のヒント

Redmine 3.2 から 4.0.3 にマイグレーションしたときのヒントです。

移す必要のある設定・データ

以下のファイルを、古い環境から新しい環境に移します。

  • config/database.ymlと、config/configuration.yml
  • files/以下のファイル
  • plugins/と、public/themes/以下のファイル
  • データベースは、sqldump コマンドでバックアップを取得しておきます

必要なパッケージのインストール

もし、redmine-4.0.1/var/lib にデプロイしている場合は、一旦アプリケーションのオーナーとグループを変更します。もし作業しているユーザーが user1 であるならば、

sudo chown -R user1:user1 /var/lib/redmine-4.0.1

もし、デプロイ前で、作業ユーザのディレクトリにある場合は特にオーナーやグループを変更する必要はありません。

bundle install を実行し、Gem をインストールします。

bundle install --without development test

※システムにImagemagichがインストールされていない場合は、

bundle install --without development test rmagick

データベース設定でアダプターを指定し直した場合は、忘れずに bundle install を再実行してパッケージを更新する必要があります。

Redmine で必須ではない Gem をインストールしたい(例えば、fcgiのような)場合、Redmineのルートディレクトリに、Gemfile.localというファイルを作って、そこに書いておくといいよ、とのこと。bundle installした時に自動的にロードされる。

セッションストア秘密鍵の作成

bundle exec rake generate_secret_token

データベースのマイグレーション

バックアップしていたデータベースを、新しい環境にリカバリした後、次のコマンドを順に実行して、データベースをマイグレーションします。

bundle exec rake db:migrate RAILS_ENV="production"
bundle exec rake redmine:plugins:migrate RAILS_ENV="production"

最後に、オーナー、グループを変更した場合は、もとに戻します。

sudo chown -R www-data:www-data /var/lib/redmine-4.0.1

ユーザ権限のチェック

[管理] → [役割と権限] で、新機能の権限等をチェックし設定。

まとめ

なんだかグダグダです。
時間が立ってしまっているのもあり、記憶が曖昧な部分もあります。
可能な限り再検証していますが、どうでしょうか・・

また、Ruby の Webアプリケーション の環境構築等は初めてなので、あまり良くわからないままやっています。
Rbenv は便利そうですが、ここで書いた内容で正解なのかどうか、よくわかっていません。
とにかく、動くこと優先で記事を書いています。

ひとまず、平成最後の更新です。


  1. 現在のバージョンは 4.1 
  2. 各値は任意に設定できます。 
  3. Ruby の標準ライブラリに入っている、汎用 HTTPサーバーフレームワーク。 

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。